夢美髪がキャンペーン中!980円で購入するには?

美容カテゴリ記事一覧

日本皮膚科学会の判断の目安は、@強い掻痒感、A特徴的な発疹とその場所、B慢性更には反復性の経過、3点すべてチェックが入る病気を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と呼びます。「デトックス」術に危険性や課題は本当にないのだろうか。そもそも身体に溜まるとされる「毒素」とはどんな物質で、その「毒物」は果たして「デトックス」の力で体外へ排出できるのか?美白用化粧...

トレチノイン酸治療は、色の濃いシミを短期間で淡色に見せるのに格段に向いている治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30〜40代の女性に多い肝斑・吹き出物などに使われます。日本の医学界全体がQOL(quality of life=生活の質)重視の風潮にあり、製造業に代表される経済の完成と医療市場の大幅な巨大化により、美容外科(Plastic Surgery)は数年...

洗顔を使ってきちんと毛穴の奥まで汚れを落とすようにしましょう。洗顔石鹸は肌に合ったものを使ってください。自分の肌に合っているようなら、安い物でも大丈夫だし、固形の洗顔せっけんでも構いません。メイクのデメリット:泣いた時にまるで修羅のような怖い形相になってしまう。うっかり多くなっても派手になったりみすみす地雷を踏んでしまうことになる。ごまかすのにも限界を感じること。女性が読む雑誌でまるでリンパの滞留...

内臓が健康か否かを数値で見られる便利な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人の自律神経の様子を調査して、内臓の状況を確認できるという革新的なものです。押し戻してくるお肌のハリ。これを保っているのは、誰もが知っているコラーゲン、すなわちタンパク質です。スプリングの役目をするコラーゲンが確実に肌を持ち上げていれば、肌はたるみとは無関係です。今を生きている私達は、常時体内に蓄積され続...

美容整形をおこなう美容外科とは、要は外科学の中の一分野で、医療に主軸を据えている形成外科(plastic surgery)とは異質のものだ。また、整形外科とも間違われることがよくあるがこれとはまったく分野が違っている。左右の口角が下がっていると、肌のたるみはじわじわとひどくなります。ニコッと唇の両端を上げて笑顔でいるように努めれば、弛みの予防にもなるし、見た目の印象も美しくなると思います。昼間なの...

現代社会で生活していく私たちには、ヒトの体内には体に悪影響をもたらすケミカルな物質が増え、あろうことか私たちの体内でもフリーラジカルが誕生していると喧伝されているらしい。頭皮ケアの主な役割は髪を健康にキープすることです。髪に潤いがなくパサパサして艶がなくなったり抜け毛が目立ち始めるなど、多数の方が毛髪のトラブルを持っているようです。フェイスラインの弛みは不必要な老廃物や余った脂肪が溜まることにより...

夏、強い紫外線を浴びたときに肌のダメージを抑える方法は3種類あります。1.日焼けした部分を冷やす2.多めにローションをはたいて潤いを保つ3.シミ予防のためにもめくれてきた表皮をむいては絶対にいけない歯のビューティーケアが肝心と感じている女性は増加傾向にあるものの、実生活でおこなっている人はそんなに多くはない。その理由の中で一番多いのが、「自分一人ではどうやってケアしたら効果的なのか知らない」という...

ここ日本の美容外科の変遷において、美容外科が「由緒正しき医術」であるとの承認を与えられるまでには、意外と長くかかった。美容の悩みをなくすには、一番最初に自分の臓器の元気度を把握してみることが、より良くなるための第一歩になるのです。それでは、一体どんな方法を用いれば自分の内臓の健康度がみられるのでしょうか。全身に存在するリンパ管に並ぶように移動する血液の流動が悪化すると、重要な栄養や酸素が配られにく...

アトピー主因:家族歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)の内一つ、もしくは2つ以上)、IgE 抗体を産生しやすいと予測させる主因、など。アトピー性皮ふ炎を塗り薬だけで良くしようとするには残念ながら無謀な事です。習慣や趣味などライフスタイル全ての思考まで拡げた治療方法が必要でしょう。サンバーンを起こして作られてしまったシミを薄くするよ...

美容の雑誌や本には、小顔になって肌がきれいになり、ダイエットにも効くし、デトックスすることができる、免疫の向上などなど、リンパ液の流れを良くすれば全部好転!という華やかなフレーズが踊っている。ほっぺたやフェイスラインのたるみは年老いて見られる要因になります。肌の弾力や表情筋のゆるみが弛みへと繋がりますが、加えて日常生活のちょっとした仕草も誘因になります。身体中のリンパ管と同じように移動する血液の巡...

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た症状とつながっている状態の内、肌の持続的な症状(発赤・掻痒感など)が表出するものでこれも皮膚過敏症の一つだ。例を挙げれば…今、パソコンを見つめながら頬杖をついているのではないでしょうか?実はこの姿勢は手のひらからの圧力をダイレクトに頬に伝えて、お肌に不必要な負荷をかけることに繋がっています。思春期は終わっているのに発現する難治性の“大人ニキビ”の社会人がじわじ...